CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND


MOBILE
qrcode
Apple Special Event 2019 雑感

日本時間の深夜におこなわれたAppleの新製品発表イベントで新しいiPhoneが発表されました。

 

 

概ね噂通りのラインナップでしたね。個人的にはiPhoneの買い替えは5G対応してからと思っているので今回は傍観するつもりなんですが、今回の新iPhone、特にProについて気になるコメントを多数見たのでそれについてちょっと書きたいなと。

 

iPhone 11 Proには噂通り3つのレンズが搭載された3眼カメラになりました。で、この3眼について「意味わからん」とか「キモい」とかの意見を見かけました(笑)個人的には3眼とかwktk案件なんですが、このギャップは世代的なものですかね?

 

多分、世代の近い方の意見で「ボトムズ」というのもあって「わかるわかる」とひとり納得していたりするんですが、そもそもボトムズのあの顔のデザインはシネマカメラをモチーフにしているのでそこら辺を知っている世代はテンション上がったりしたのではないでしょうか?

 


参考

 

さすがに物理的に回転はしませんが、撮影時に3つの焦点距離をその場で切り替える事ができるギミックはシネマカメラを初めて触った時のワクワク感を思い起こさせます。

 

そんな訳で3眼カメラについて個人的には喜んでたりするんですが、シネマカメラを知らない世代にとっては「なんだこれ?」となっている状況にちょっと寂しく思ったり。

 

さて、他にもいろいろ発表された中で個人的に気になっているのは、ゲームサブスクリプションサービスのApple Arcadeです。以前発表済ですが、今回具体的な情報が出てきました。

 

 

月額料金は600円。9月19日よりサービス開始です。気になるラインナップは、、、

 

 

コナミ!!

 

 

カプコン!!

 

日本でも馴染みの深いメーカーさんがAppleのイベントに登壇!

 

サブスクリプションサービスはどれだけ魅力的なコンテンツを集められるかだと思うんですが、これは期待できそうですね。月額料金も600円とこれなら気軽に試せるかな?と。

 

もうひとつAppleの動画配信サービス、Apple TV+についても具体的な情報が出ました。今回はオリジナルコンテンツがピックアップされてましたが、配信コンテンツがどんなラインナップになるのか気になりますね。こちらのサービス開始も間もなく(11月1日)なので何気に期待してます。

 

ちなみにApple TV+はiPhoneやiPad、MacなどのApple製品を購入すると1年間無料で使えるという超太っ腹仕様なので、これを機にApple TVを買ってApple Arcadeと合わせて大画面で楽しむのもいいなぁーとか思ってみたり。

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| イベント | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Netflixでダーククリスタルの新作が見れる!

ダーククリスタルといえば1983年に公開(米国では1982年)されたファンタジー作品です。そのダーククリスタルの新作がNetflixで見れるそうな!

 


画像は1983年公開作品のブルーレイ版

 

精巧なマペット(人形)を使い幻想的な世界を作り上げた今作が、最新の映像技術でどんな感じに生まれ変わったのかめっちゃ興味あります。

 

Netflixの新作は、1983年公開作品の前日譚にあたるそうです。う〜んめっちゃ見たい。

 

見放題系の有料動画配信サービスは以前にバンダイチャンネルを利用してましたが、その後ガッツリ作品を見る時間もなくしばらくどのサービスも利用してませんでした。今も時間がないのは変わらずですが、ダーククリスタルの新作を見るためだけにしばらくNetflixを利用してみるのもいいかなぁ〜と思ってみたり。

 

Netflix

 

 

JUGEMテーマ:映画

このエントリーをはてなブックマークに追加
| 映画/アニメ/DVD/BD | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ発売されるAppleのスマートスピーカー「HomePod」

Appleのスマートスピーカー「HomePod」が8月23日より発売されます。すでに予約は8月16日より開始されてます。

 

 

ようやく日本でも発売されますね。米国では昨年の2月に発売されてますので遅れること約1年半となります。先に発売されている米国での評価はどうなんでしょ?

 

さて、よーーーーーーやく国内でも発売となるAppleのスマートスピーカー「HomePod」ですが、他社製スマートスピーカーはすでに発売済み、しかもスマートスピーカーが話題になってから時間も経った事もありすっかり落ち着いてしまった感じです。正直、日本国内での発売が遅すぎたのでは…と心配しています(笑)新し物好きな人はすでに他社製品で遊び倒しているでしょうし、製品としてよほどのアドバンテージがないと振り向いてもらえなさそう…と勝手に心配している訳なんですが、そんな心配を吹き飛ばしてくれるのか!?そしてスマートスピーカーの再起爆剤的な製品になるのか!?と期待もしています。

 

iPhoneユーザーの多い日本では、同じApple製品で親和性の高いHomePodの需要は高いと思うんですがいかに!?

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Apple/Mac | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iOS 12.4で新規iPhoneへ直接データ移行が出来るように

iOS 12.4で古いiPhoneから新しいiPhoneへ直接データ移行出来るようになりました。

 

 

自分の周りでもiPhoneの買い替え時に直接データ移行出来ないの?という方はちらほらいるので「待ってた!」という人も多いのでは?

 

さて、個人的にはiTunes経由でのデータ移行で十分、というかバックアップも兼ねてこっちをオススメしたいんですが、それなりに需要のありそうな機能なのでどんな感じか調べてみる事に。

 

まずは復習を兼ねて今までの新しいiPhoneに古いiPhoneからデータを移行する方法を確認すると、iTunes経由、もしくはiCloud経由のふた通りでした。そして今回新たに加わったのが新旧iPhone間での直接データ移行です。

 

ちなみにiTunes経由とiCloud経由での違いは、iTunes経由であればバックアップからのほぼ完全復元が可能なのに対しiCloud経由では自分でCDから取り込んだ音楽データやアプリなどは再インストールする必要があるところ。(iCloudの有料プランで容量を増やしていれば完全バックアップも可能ですが大抵の人は無料プランのままだと思いますのでここでは無料プラン前提で書いてます)んで、新しい直接データ移行はどうなの?というとiTunes経由と同等のデータ移行ができるみたいです。尚、アプリに関してはデータ移行&復元作業の過程でApp Storeから自動でダウンロードされるとの事なのでアプリ内にあるデータは移行できない模様。それぞれのアプリで用意されているアプリ内データのバックアップやデータ移行を利用する必要がありそうです。

 

というわけでiTunes経由とほぼ同等な移行が行える新しい直接データ移行、かなり便利になってます。ただいくつか注意する点もありそうですね。まずは、上でも書いた通りアプリの復元方法がApp Storeからの再インストールなのでアプリ内のデータ復元方法の確認が必要な事、また現時点で直接データ移行するにはWi-Fiローカルネットワークが必要というところです。まぁ音楽データの移行やらアプリの再インストールやらと大量のデータをやりとりするのでWi-Fi環境は必須でしょうね。

 

そして今回の新機能ですが、次期iOS(iOS 13)でさらに便利になるかも?今秋リリース予定のiOS 13で有線(ケーブル経由)での直接データ移行が出来るようになるなんて噂もあります。有線でならアプリも再インストールではなくアプリ内データごと直接移行できるかも?これは期待したいですね!

 

JUGEMテーマ:iphone

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Mac Proの製造は米国内で継続?

次期Mac Proの製造拠点を米国内から中国に移転するというニュースが今年6月末に流れましたが、先日、アップルのCEOティム・クック氏がMac Proの製造を米国内で継続する旨の発言をしたそうです。

 

 

ただ、難題はいろいろあるようで、米国の中国からの輸入製品の関税引き上げでMac Proに使用される中国製パーツについて関税の免除を求めているそうですが、そちらも難航している模様。

 

米国政府としてはMac Proに使用する中国製パーツについても「米国内で製造すればいいやんけ」という事らしいんですが…

 

2013年モデルのMac Proについて「アメリカ製ネジの供給不足でリリースが遅れた」なんて話もあるそうです。

 

中国製パーツを使用すれば関税が、米国内でパーツを生産するにも不安が…となかなか悩ましい状況のようです。

 

前回、こんな記事を書いてますが、部品も含めたオール国産はさすがにコスト的にも現実的ではなさそうですし、あらためて考えるとグローバル企業となったアップルにとってそもそも国産というブランドが必要か?という感じもあります。それにブランド力をアピールするならアップルそのもののブランド力かなとも思ったり。なのでMac Proが米国内での製造を継続する事については、国産というブランド以外のいろいろ要因がありそうですね。

 

いずれにしても今秋リリース予定のMac Proですが、なにやら大変そうですね…

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Apple/Mac | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Mac Pro〜やっぱり国内生産は厳しいのかな?

次世代Mac Proの生産拠点を中国に移転というニュースが出ましたね。

 

米アップル、Mac Proの生産拠点を中国に移転 WSJ報道

 

国産(米国)を大々的に謳っていたMac Proですが、2013モデルで専用ネジの大量生産に難があったり等、やっぱり国内生産は難しかったんでしょうか?

 

ブランドとして国産というのは強みだとは思いますが、生産コストの兼ね合いで現実的にならざる終えないんでしょうかね。日本でも国産ブランドは強みだったりしますが、消費者としてはやっぱり少しでも安い方が良かったりと中々難しそうです。ただハイエンドな製品は購入層が限られる上にブランド力に敏感な層が購入しそうなので、今回のAppleの決定はどうなるんでしょ?という思いもあったり。やっぱり国産というブランド力(安心感)は特にハイエンドかつ高価な製品にはあった方がいいようにも思うんですが、これは日本の感覚の話であって米国ではどうなんでしょうか?

 

ちなみに我が家ではメイドインUSAな旧Mac Pro(黒ゴミ箱)がまだまだ現役な模様(笑)

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Apple/Mac | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
次期macOSとiPadOSの連携が楽しみすぎる

今秋リリース予定のiPadOSが楽しみなのは前回書きましたが、次期macOSことCatalinaも楽しみだったりします。特にiPadとの連携機能「Sidecar」はかなり期待してます。iPadをサブモニタとして使える上にApple Pencil対応で液晶タブレット代わりにもなっちゃいます。

 

 

今までもiPadをMacのサブモニタとして使えるようにするサードパーティー製アプリはありましたが、公式でサポートしてくれるのはやっぱり嬉しいですね。iPadとApple Pencilの組み合わせの描き味は折り紙つきですが、それがMac上のアプリでも使えるようになるのは楽しみです。遅延等気になる部分もありますが、公式サポートだしそこら辺はちゃんと対策されているであろう事を期待。

 

Apple公式サイトにある「iPad上にあるスケッチを簡単に挿入できます。」もどこまで可能なのか?気になるところです。iPad上のファイル(アプリ内ファイルも含む)やMac上のファイルとのやり取りがドラッグ&ドロップ等で手軽に出来たらいいな?と思います。また、ファイルのやり取りとも関連しますが、iPad向けアプリからMac向けに簡単にアプリが作れるようになるそうで、今使っているiPadアプリがMac上でネイティブで動くようになれば嬉しいですね。こちらの同アプリ内でのファイルのやり取りも気になるところです。

 

個人的にはここ最近のmacOSにはそこまでワクワクするような機能追加がなく寂しかったりしましたが、iPadをMacのサブ端末としてガッツリ利用できそうな次期OSには久しぶりにワクワクしてます!

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Apple/Mac | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iPadOSでPCの代わりになれるかな?

今秋リリース予定のiPadOS、今までのようにiPhoneと同じiOSではなくiPad専用OSとなるそうです。

 

 

新OSで気になる機能は、マルチタスクの強化Safariがデスクトップ版と同等になるあたりでしょうか?Safariがデスクトップ版と同等という事はMacのSafariで利用できるWebサービスや機能もiPadのSafariで利用できるようになるって事ですね!今までもウェブブラウジングする程度なら問題なかったりしたんですが、Web上のサービスや機能を利用するにはなにかと制限があったりと結局MacのSafariで作業した方がいいよねって事になりがちでした。んが、デスクトップ版と同等になるって事でかなり期待できそうです。マルチタスクも強化されるって事でiPad上での作業効率も上がりそうです。

 

iPad ProあたりからPCの代替としてiPadを推してる感がありますが、専用OSと機能強化でそれをさらに推し進めていくのかな?と。競合しそうなMacBook(特にMacBook Airあたり)は今後どうなって行くのかも興味ありますが、今は新OSでどこまで普段の作業がiPadへ快適に移行できるかが気になります。今までもiPadならではの良さがありましたが、やっぱりPC(Mac)でやっちゃった方が楽だよね!なんて事もしばしば。今度のiPadOSでは、そこら辺も含めて期待しております。今までの豊富なアプリ資産を活かしつつPC(Mac)相当の使い勝手が加わればかなりの作業がiPadで完結できちゃいそうですね。

 

そうそう忘れてはいけないのが、ついにUSBメモリやSDカードなどの外部メモリの接続に正式に対応した事。今までも専用機器&アプリ経由で外部メモリを使用する事はできましたが、OSレベルで正式に対応してくれれば専用アプリを経由する必要もないですし、なにより汎用機器をそのまま利用できるのが助かります。そしてUSB-C接続でなんと外付けHDDまで対応しちゃうそうです。なるほどずーっと独自規格でやってきたiOSデバイスが最新のiPad ProでLightningを捨てて汎用規格のUSB-Cを採用したのはこれを見越してですかねー。

 

うーん、これは期待できそうです。今秋のリリースが楽しみですね!

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Adobeの旧バージョンが突然使えなくなった困った理由

Adobeさん・・・突如旧バージョンの提供を終了した理由、Adobeがドルビーの著作権使用料を支払っていなかったからとか全然笑えませんね。

 

( ̄□ ̄;)

 

Adobe CCでは今まで旧バージョンもダウンロード、利用可能でしたが、突如旧バージョンの配信停止、また旧バージョンを利用しているユーザーには「第三者の権利の侵害のリスクがある」と注意喚起しているそうですが・・・Adobeとドルビーの間での著作権使用料の契約においてAdobe CCになってからはアクディブユーザー数に応じて使用料を支払う契約になっているそうで、その使用料をAdobeがまったく支払っていなかったそうな。は?え?マジ?

 

上記の理由でAdobe CCの旧バージョンを使い続けるとドルビーさんからエンドユーザーへの訴訟があるかもしれません・・・っていうかちゃんとAdobeが契約にのっとった著作権使用料を支払えばいいんでないの?どういう事?しかもこんな理由でユーザーにも迷惑をかけるとか・・・なんかどうしても払えない理由とかあるんですかね?

 

自分もAdobe CCを利用してますが、正直先行きが不安というかいろいろ残念な感じですねぇ〜

 

JUGEMテーマ:グラフィック

このエントリーをはてなブックマークに追加
| 写真/画像処理/グラフィック | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドット絵ツールとしても使えるPixelmator

Macで使える安価な高機能画像処理ソフトとして重宝するPixelmatorですが、実はドット絵作成ツールとしても使えるそうな。

 

 

デフォルト状態ではツール一覧に機能がないので気付きにくいんですが、手軽にドット絵が描けるようになるのでぜひお試しあれ。

 

メニューから環境設定>ツールと開きます。

 

 

ツール環境設定内のペイントにあるピクセルツールをツール一覧にドラッグ&ドロップするだけです。

 

 

これでドット絵作成がPixelmatorで簡単に出来ます。

 

さて、ここまではドット絵の描画についての機能でしたが、Pixelmatorにはもうひとつドット絵作成に便利な隠し機能があります。

描いたドット絵を大きなサイズで保存したい!なんて時ありますよね?そんな時にデフォルト機能でサイズを大きくするとアンチエイリアスがかかってエッジがボヤけた画像になってしまいます。普通の画像ならそれでもいいんですが、ドット絵ならシャープなままにサイズを大きくしたい!なんて思いますよね?そんな時に使える隠し機能が実はPixelmatorにはあるんです!

 

メニューバーのイメージ>イメージのサイズを開いて任意の解像度の数値を入れたあとOKボタンを押す際にOptionキーを押しながらOKボタンを押します。

 

これでキレイにドット絵を拡大縮小できます。この方法はニアレストネイバーという形式で拡大縮小しているそうです。リサイズ形式もいろいろあるみたいで調べてみると面白いかもですね。

 

JUGEMテーマ:グラフィック

このエントリーをはてなブックマークに追加
| 写真/画像処理/グラフィック | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/559PAGES | >>