CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND


MOBILE
qrcode
美術作品を可動フィギュアにしたテーブル美術館シリーズが再販!

いろんな美術作品を可動フィギュア(figma)にする「テーブル美術館シリーズ」が好評?につき再販決定だそうです。公式サイトにて受注生産にて現在受付てます。受付期間は6月7日21時までとなっていて発売時期は2018年1月予定となってます。

 

このシリーズ面白いなぁ〜とちょいちょい買ってたらいつの間にかこんなんなってました(笑)

 

 

壮観です。買い逃したぁ〜って人はぜひこの機会に。Amazonさんでも予約受付してるみたいです。

 

Amaozn:テーブル美術館シリーズ

 

JUGEMテーマ:フィギュア

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロモグラフィーの合体面白レンズ〜The Neptune Convertible Art Lens System

ロモグラフィーがKickStarterで支援募集しているレンズがなにやら面白そうです。

 


https://microsites.lomography.com/neptune-kickstarter/jp/

 

こちらフロントレンズと露出プレート、レンズベースからなるレンズシステムだそうで3種類のフロントレンズと6種類の露出プレートの組み合わせでいろいろな表現が楽しめるそうな。

 

 

ふむふむ、なんか面白そうですね。KickStarterでは640ドルからこちらのレンズシステムが手に入るみたいです。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

そーいえばロモグラフィーってクラウドファンディングを結構活用してますよね。普通だと商品化が難しい遊び心のあるレンズとかこれからもいろいろ頑張って欲しいですな。

 

JUGEMテーマ:写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
| カメラ/ビデオカメラ | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カプコンの名作iOS移植に大魔界村が登場!

カプコンの懐かしの名作ゲームがどんどんiPhone(iOS)へ移植されてます。そして今度は「大魔界村」がリリースされました!

 

 

ひゃっほ〜いとさっそくポチろうと思ったんですが、ここでちょっと思いとどまります。大魔界村のスクリーンショットを見る限り操作ボタンが画面にかぶってるUIは改善されてませんねぇ・・・前作の魔界村でも不評だったのでアップデートで改善されることを期待してたんですが、こちらも未だ改善されてないですからねぇ。

 

 

うーむ、これは悩ましい。上の動画は前作の魔界村を遊んでみたものなんですが、正直難易度の高い今作でこのUIはかなり厳しいです。

 

手軽にスマホでカプコンの名作ゲームが楽しめるのは嬉しいんですが、なんとかUIを改善して欲しいなぁーと。でないとポチるのにもちょっと躊躇してしまいます・・・むぅ

 

 

JUGEMテーマ:ゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ゲーム | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[ iOS Game ] 懐かしの名作がiPhoneで遊べる!ロードランナーが64bit対応しました

ロードランナーといえば国内ではファミコン版が有名ですが、最初にロードランナーがリリースされたのはApple IIだったりします。その後いろんな機種へと移植された訳なんですが、その元祖ロードランナー(Apple II版)をiOSへ移植したのが「Lode Runner Classic」です。

 

 

その「Lode Runner Classic」がアップデートでi0S10/64bitに対応しました!レトロゲームの移植モノってその後アップデートがされずそのまま・・・なんて事が多かったりしますが、こちらは無事64bit対応してくれたおかげで今後も心配なく遊べそうです。良かった良かった。

 

 

というわけでさっそくアップデートしました!が、なにやら不具合があるっぽい・・・

 

 

まずアップデート前のセーブデータが引き継がれません。そして上画像のようにゲームを始めると画面が真っ黄色に・・・えぇ(-_-;)

 

マジかっっっ!!とちょっと焦りましたが、アプリをいったん削除して再インストールしたら無事遊べるようになりました。

 

 

ひと安心です(^^;)それでも残念ながら今までのセーブデータは引き継がれませんがこちらはしょうがないとあきらめます。そのかわりに今後も手軽に元祖ロードランナーがiPhoneで遊べると思えば安いもんです。またいちから楽しめばいいですしね。

 

せっかくiOS向けに懐かしのレトロゲームを移植してくれたもののアップデートされず遊べなくなるなんてのはもったいないと思うんですョ。ぜひ「Lode Runner Classic」をみならって他の方もせっかくリリースしたレトロゲームを最新OSでも遊べるようにアップデートして欲しいなぁーと思います。

 

 

JUGEMテーマ:ゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ゲーム | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[ iOS Game ] オーシャンホーン2のプレイ動画が公開!

ゼルダの伝説リスペクトな作品としてiOSプラットフォームで評価の高いアクションRPG「オーシャンホーン」の続編のプレイ動画が公開されてます!

 

 

こちらの動画は実際のiPhone 7 Plusでプレイしたものをそのままキャプチャーしたそうです。前作に比べてグラフィックもかなりパワーアップしてるみたいですが、これがiPhoneでちゃんと動くんですね!いやぁーすごいなぁ。

 

公式ブログの方にはプレイ動画だけでなくスクリーンショットも公開されてます。

 


http://oceanhorn.blogspot.jp

 

なにはともあれ上のプレイ動画を見てください。これがiPhoneで遊べるとかめっちゃテンション上がりません?

 

これはリリースが楽しみですねぇー。楽しみなんですが・・・実は前作まだクリアしてなかったり(^^;)

 

 

こちらの動画は以前上げた実況プレイ動画なんですが、ちょうどこの動画のところまでで積んでます。続編リリースまでにはちゃんとクリアしておきたいんですが・・・あれこれ手を出しすぎてて積みゲー山盛り状態なんですよね。いやはやまいったまいった(笑)なにはともあれちょっくら続きをプレイしていきたいと思います。

 

前作をまだプレイしてない!なんて人はこの機会にプレイしてみてはいかがでしょう?ゲーム専用機向けに作られたゲームと遜色ないクオリティーの作品がiPhoneで遊べちゃいます!!

 

 

JUGEMテーマ:ゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ゲーム | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GIZMON x ZENJIXの宙玉レンズにオリンパスTG-4/TG-3用が登場

GIZMONとZENJIXのコラボレンズsoratamaシリーズにオリンパスの防水、防塵、耐衝撃コンパクトデジタルカメラ「TG-4 Tough」に対応したモデルが登場。

 


GIZMON x ZENJIX soratama 55 TG

 

こちらのレンズは「TG-4 Tough」だけでなく前のモデルとなる「TG-3 Tough」にも対応しているそうです。あらゆる場所で撮影可能な防水、防塵、耐衝撃カメラと宙玉レンズの組み合わせとかなんかいろいろ面白そうな写真を撮れそうですね。

 

 

JUGEMテーマ:写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
| カメラ/ビデオカメラ | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いつの間にかiPhoneでのLog撮影にも対応していたFiLMiC Pro

高機能かつ本格的な動画撮影機能を搭載したアプリ「FiLMiC Pro」にいつの間にかLog撮影機能まで搭載されたそうな。

 

 

マジか!って事でさっそくチェックします。メニューはホワイトバランスなどの設定ができるところにあるそうです・・・

 

 

あれ?ないですね。調べてみると別途アプリ内課金でCinematographer Kit(1,200円)を購入しないといけないみたいです。しかしどこから購入するんじゃろ?とか悩んでいたら対応はiPhone 7/7 Plusじゃないですかぁ〜マイiPhoneは6sなので対応してませんでした(^^;)

 

残念、この機能は次回買い替え時までオアズケですな。とりあえずアップデート履歴を確認してみると今年の3月16日にリリースされたバージョン6.0からの機能みたいです。

 

 

ふむふむ。ところでLog撮影って何?という方もいるかと思うので簡単に説明すると、なるべく多くの光の情報を含んだ状態で収録する事です。Log撮影された映像はコントラストも低くもやっとした感じになりますが、多くの光の情報を含んでいるのでカラーグレーディングなどをすることでより階調豊かな映像表現が可能になります。同様な収録方法としてRAW撮影もありますが、こちらはLogに比べより多くの光の情報を持っているかわりにデータ量が非常に多くなってしまいます。なのでデータ量が比較的軽くなるべく多くの光の情報を持つといういいとこ取りな感じのLog撮影が最近は主流になりつつあるみたいです。

 

そんなLog撮影がiPhoneでできるようになってるとか何気にすごい事ですよね。アプリ自体の価格も1,800円とそんなに高くないですしアプリ内購入を合わせても合計3,000円でiPhoneでLog撮影ができるようになっちゃうとかiPhoneユーザーで映像制作に興味があるなら新規にカメラを用意するより断然お得ですな。今年は一応iPhone買い替え予定の年なので買い替え後にはぜひ試してみたいなぁ〜と。

 

 

※価格は執筆時のもの

 

JUGEMテーマ:映像制作

このエントリーをはてなブックマークに追加
| カメラ/ビデオカメラ | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Amazon、Adobe CCを20%OFFで提供する特別価格キャンペーンを実施

AmazonがAdobe Creative Cloudを特別価格(20%OFF)で提供するキャンペーンを実施中。Adobeのすべてのアプリを利用できるAdobe Creative CloudコンプリートやIllustrator単体版、Photoshop単体版などが対象になってます。

 

 

12ヶ月分のオンラインコードやパッケージ(カード)なので20%OFFといえどかなりの値引額になってます。導入を検討していたなんて人はこの機会をお見逃しなく!尚、キャンペーンは6月2日までとなってます。

 

【20%OFF】Adobe Creative Cloud 特別価格キャンペーン(6/2まで)

 

JUGEMテーマ:グラフィック

このエントリーをはてなブックマークに追加
| 写真/画像処理/グラフィック | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スマホでダンジョンRPGのススメ・後編

前編ではiPhone(スマホ)と主観視点ダンジョンRPGの相性の良さを語りつつ真・女神転生シリーズを紹介しましたが、今回はダンジョンRPGってもっと硬派じゃろ!ってなアニキにオススメしたい作品をご紹介します。

 

で、その前に主観視点でダンジョンを探索するRPGといえばウィザードリィが元祖と言われてます。逆に主観視点ダンジョンRPGの事をウィズ系なんて言ったりもします。そんなウィザードリィは1981年に発売されたコンピュータRPG黎明期の作品で、国産RPGに多大な影響を与えた作品のひとつでもあります。そんなウィザードリィ超リスペクトな作品がiPhone向けに配信されてたりします。しかも無料で!!

 

シンプルなグラフィック!これぞダンジョンRPG!!

 

こちらのSorcererは見ての通り超硬派なダンジョンRPGです。シリーズ(シナリオ)も6作目まであります。しかも全部無料!!iPhoneでガチなダンジョンRPGを遊んでみたいなんて人にはダウンロード必須なゲームです。

 

Sorcerer #1

Sorcerer #2

Sorcerer #3

Sorcerer #4

Sorcerer #5

Sorcerer #6

 

んで、硬派なゲームだけあってオートマッピング機能なんか搭載されてません。はい、自分でマッピングする必要があります。とはいえ手軽にiPhoneで遊びたいって趣旨の今回の記事では方眼紙を買ってきて手書きでマッピングしてね!とは言えません(笑)なもんでマッピングに使えそうなアプリを別途探してみます。

 

 

というわけで見つけたのがこちら。手書きメモアプリなんですが、無地ではなく方眼紙になっているのでマッピングにも使えそうです。しかも用紙サイズが固定ではなく中心から上下左右に好きなだけ広げていけるそうなので全体図がわからないダンジョンのマッピングにも良さげ。

 

MapNote - 無限に広がる方眼紙ノート - - Naoya Enokida

 

昨今はゲームにも快適さが大事だったりするのでオートマッピング機能が当たり前だったりしますが、そのかわりに自分でマッピングする「楽しさ」が失われてしまいました。そんな今にあの頃の楽しさを味あわせてくれる硬派なダンジョンRPG!ぜひプレイしてみて下さい!!

 

JUGEMテーマ:ゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ゲーム | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スマホでダンジョンRPGのススメ・前編

iPhoneで楽しいゲームライフを皆さんお過ごしでしょうか?今回はそんなゲームライフにオススメしたい作品をご紹介。

 

と、その前に皆さんは主観視点ダンジョンRPGをご存知でしょうか?最近でもこのジャンルは細々とリリースされてるみたいなのでプレイしたことあるという人もいるかと思いますが、ある一定の世代なら一世を風靡したジャンルとして強く記憶に残っているかと思います。

 

んで、そんな主観視点ダンジョンRPGですが、スマホと相性いいと思うんですよね。実際に何作かiPhoneでプレイしてみてゲームとしても忙しくないし空いた時間にちまちま進められる手軽さもあってスマホの普及している今の時代にこそ見直されるべきジャンルではなかろうか!と思った次第なんですョ。

 

さてさてそんな主観視点ダンジョンRPGなんですが、それなりに歴史のあるジャンルですしここは懐かしの名作をぜひプレイしてみて欲しいなと。というわけで今回ご紹介したいのはこちら!!

 

 

国産ダンジョンRPGの名作「真・女神転生シリーズ」です。その独特の世界観とシステムが評価された名作ゲーム。今も続いているシリーズなのでご存知の方も多いかと思います。

 

元々はファミコンから始まったシリーズですが、その後に設定を見直され「真・女神転生シリーズ」として今なお根強いファンを持つシリーズ作品です。

 

こちらはファミコンで発売された初代女神転生

 

ちなみにですがファミコンで発売された旧作は「旧約・女神転生」としてシリーズに組み込まれてます。

 

さて、真・女神転生初期作品はスーパーファミコンで発売されその後いろんなプラットホームへ移植されました。そしてiOS向けにも初期三作品が移植されてます。尚、iOSに移植されたのはゲームボーイアドバンス版ですが、こちらも元はプレイステーション版を元に移植されたものだったりします。(iOS版だけでなくAndroid版も同様)

 

んで、ようやく主観視点ダンジョンRPGとiPhone(スマホ)との相性の良さの話になるんですが、まずこちらを・・・

 

 

iPhone(スマホ)を横持ちにして広い画面で遊ぶこともできますが、やはりiPhoneなら電車での移動中なんかに吊り革につかまったまま片手て手軽に遊びたい!って事で縦持ちにもちゃんと対応してくれてます。

 

 

この縦持ちが非常に快適で遊びやすい!オートマッピング機能もあるのでダンジョンRPGを手軽に遊んでみたい人にもいいですね。とはいえダンジョンRPGかつ昔のゲームなのでそれなりに歯ごたえもあります。手軽に遊びつつじっくりと腰を据えてゲームをしたいなんて人には超オススメしたい。昔のゲームなので思い出補正も多分にあるかと思いますが、それでも今遊んでも面白い作品だと思います。

 

真・女神転生(1,200円)

真・女神転生II(1,200円)

真・女神転生 if...(1,200円)

※価格は執筆時のもの

 

というわけで思いっきり個人的嗜好が入ってますがオススメの作品を紹介しました。懐かしいという人からプレイした事ないって人までぜひ遊んでみて欲しいなと。

 

さて、今回はここまで。次回後編続きます。

 

JUGEMテーマ:ゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ゲーム | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/547PAGES | >>