CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND


MOBILE
qrcode
iOS 12.4で新規iPhoneへ直接データ移行が出来るように

iOS 12.4で古いiPhoneから新しいiPhoneへ直接データ移行出来るようになりました。

 

 

自分の周りでもiPhoneの買い替え時に直接データ移行出来ないの?という方はちらほらいるので「待ってた!」という人も多いのでは?

 

さて、個人的にはiTunes経由でのデータ移行で十分、というかバックアップも兼ねてこっちをオススメしたいんですが、それなりに需要のありそうな機能なのでどんな感じか調べてみる事に。

 

まずは復習を兼ねて今までの新しいiPhoneに古いiPhoneからデータを移行する方法を確認すると、iTunes経由、もしくはiCloud経由のふた通りでした。そして今回新たに加わったのが新旧iPhone間での直接データ移行です。

 

ちなみにiTunes経由とiCloud経由での違いは、iTunes経由であればバックアップからのほぼ完全復元が可能なのに対しiCloud経由では自分でCDから取り込んだ音楽データやアプリなどは再インストールする必要があるところ。(iCloudの有料プランで容量を増やしていれば完全バックアップも可能ですが大抵の人は無料プランのままだと思いますのでここでは無料プラン前提で書いてます)んで、新しい直接データ移行はどうなの?というとiTunes経由と同等のデータ移行ができるみたいです。尚、アプリに関してはデータ移行&復元作業の過程でApp Storeから自動でダウンロードされるとの事なのでアプリ内にあるデータは移行できない模様。それぞれのアプリで用意されているアプリ内データのバックアップやデータ移行を利用する必要がありそうです。

 

というわけでiTunes経由とほぼ同等な移行が行える新しい直接データ移行、かなり便利になってます。ただいくつか注意する点もありそうですね。まずは、上でも書いた通りアプリの復元方法がApp Storeからの再インストールなのでアプリ内のデータ復元方法の確認が必要な事、また現時点で直接データ移行するにはWi-Fiローカルネットワークが必要というところです。まぁ音楽データの移行やらアプリの再インストールやらと大量のデータをやりとりするのでWi-Fi環境は必須でしょうね。

 

そして今回の新機能ですが、次期iOS(iOS 13)でさらに便利になるかも?今秋リリース予定のiOS 13で有線(ケーブル経由)での直接データ移行が出来るようになるなんて噂もあります。有線でならアプリも再インストールではなくアプリ内データごと直接移行できるかも?これは期待したいですね!

 

JUGEMテーマ:iphone

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iPadOSでPCの代わりになれるかな?

今秋リリース予定のiPadOS、今までのようにiPhoneと同じiOSではなくiPad専用OSとなるそうです。

 

 

新OSで気になる機能は、マルチタスクの強化Safariがデスクトップ版と同等になるあたりでしょうか?Safariがデスクトップ版と同等という事はMacのSafariで利用できるWebサービスや機能もiPadのSafariで利用できるようになるって事ですね!今までもウェブブラウジングする程度なら問題なかったりしたんですが、Web上のサービスや機能を利用するにはなにかと制限があったりと結局MacのSafariで作業した方がいいよねって事になりがちでした。んが、デスクトップ版と同等になるって事でかなり期待できそうです。マルチタスクも強化されるって事でiPad上での作業効率も上がりそうです。

 

iPad ProあたりからPCの代替としてiPadを推してる感がありますが、専用OSと機能強化でそれをさらに推し進めていくのかな?と。競合しそうなMacBook(特にMacBook Airあたり)は今後どうなって行くのかも興味ありますが、今は新OSでどこまで普段の作業がiPadへ快適に移行できるかが気になります。今までもiPadならではの良さがありましたが、やっぱりPC(Mac)でやっちゃった方が楽だよね!なんて事もしばしば。今度のiPadOSでは、そこら辺も含めて期待しております。今までの豊富なアプリ資産を活かしつつPC(Mac)相当の使い勝手が加わればかなりの作業がiPadで完結できちゃいそうですね。

 

そうそう忘れてはいけないのが、ついにUSBメモリやSDカードなどの外部メモリの接続に正式に対応した事。今までも専用機器&アプリ経由で外部メモリを使用する事はできましたが、OSレベルで正式に対応してくれれば専用アプリを経由する必要もないですし、なにより汎用機器をそのまま利用できるのが助かります。そしてUSB-C接続でなんと外付けHDDまで対応しちゃうそうです。なるほどずーっと独自規格でやってきたiOSデバイスが最新のiPad ProでLightningを捨てて汎用規格のUSB-Cを採用したのはこれを見越してですかねー。

 

うーん、これは期待できそうです。今秋のリリースが楽しみですね!

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iPhoneやiPadでPS4の本格ゲームを堪能する!リモートプレイ

PS4のシステムソフトウェアがアップデート(バージョン6.50)してiPhoneやiPadなどのiOSデバイスからのリモートプレイに対応したそうです!というわけでさっそく試してみる事に。

 

まずはiOSデバイスにApp Storeからリモートプレイするためのアプリをダウンロードします。

 

 

今回はiPadで試す事に。App Storeから「PS4 Remote Play」なるアプリをダウンロード。もちろん無料!

 

 

アプリを起動します。と、その前にPS4を起動させてPS4本体の設定からリモートプレイを有効にするにチェックが入っているか確認します。リモートプレイはPS4が起動もしくはスリープ状態の時に可能だそうです。

 

 

アプリを起動したらPlayStation Networkへのサインインを求められるのでPS4でも使っているアカウントでサインインします。

 

 

すると自動でPS4を探しに行きます・・・サクッと接続!おぉ!こんな簡単なんですね。iOSデバイス上のバーチャルパッドで操作可能。最初に操作説明もでます。試しiPadからゲームを起動してみます。

 

 

おぉ!起動した(笑)iPhoneやiPadでもかなり本格的なゲームが遊べるようになってはきてますが、さすがにゲーム専用機に対応しているかつハイスペックなゲームはまだまだなのでこれはうれしい!

 

 

バーチャルパッドは画面に被さるように表示されます。しばらく放置すると見えなくなりますが画面をタッチするとすぐに呼び出せるのでボタンの位置の確認には困らなそう。

 

ちなみにバーチャルパッド以外にもMFi(Made For iPhone/iPad/iPod)認証対応のゲームパッドでも操作可能!我が家の今は亡きMad Catz製のゲームパッドでも操作できました。これでますます本格的にゲームが楽しめそうです。ただ残念ながらPS4純正のゲームパッド(DUALSHOCK 4)は対応していません。

 

せっかくミクさんのリズムゲームを起動しているのでこのまま遊んでみます。

 

 

リモートプレイで気になることといえば「遅延」です。実際にゲーム機でのプレイに比べて遅延が出てしまうのは致し方ないところ。どんなもんか試してみました。

 

 

あぅ!んがっ!どわっっっ!

 

 

はい、無理でした(笑)さすがにタイミングのシビアなリズムゲームをリモートプレイで遊ぶのは無理がありそうです。とはいえ操作自体にはそこまで違和感は感じないのでRPGやアドベンチャーゲームなんかは問題なさそうです。あとはそこまでタイミングがシビアではないアクションゲームなんかもいけそうです。ちなみに今回は設定をすべてデフォルトの状態で試してます。設定次第ではもうちょっと改善されるかもです。

 

というわけでiPad(iOSデバイス)からのリモートプレイを試してみたわけですが、iPad(やiPhone)の画面でPS4のハイスペックなゲームが動いているのはちょっと感動しました。

 

JUGEMテーマ:ゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リリース前のアプリが試せるTestFlight

リリース前のiOSアプリを試せるAppleの公式サービス「TestFlight」を試してみました。

 

 

専用アプリのTestFlight appをApp Storeからダウンロード。もちろん無料です。

 

こちらのサービスはアプリ開発者の方がリリース前のアプリをユーザーに実際に使用してもらう事が出来る公式サービスだそうで、ユーザーとしてもリリース前のアプリが試せる貴重な機会になります。

 

 

それぞれのデバイスにTestFlight appをインストールすれば複数のデバイスでテストする事ができるそうなのでiPhoneとiPad両方でアプリを試用してみるなんて事もできますね。

 

まずアプリを起動したらContinueをタップして利用規約を一読します。

 

 

 

利用規約に納得したら右下のAcceptをタップ、すると以下のような画面になります。

 

 

これでリリース前のアプリがインストールできる状態に。さっそくをインストールしてみます。

 

 

開発者から送られてきたリンクをタップ。今回はiStopMotionのパブリックベータ版をインストールします。

 

 

リンク先に行くとこんな画面に。すでにTestFlightの準備は出来ているのでテストを開始をタップすればアプリをインストールできます。

 

 

 

インストールが完了したらアプリがホーム画面に追加されてます。ちなみにTestFlightでインストールしたベータ版はアプリアイコンの左下にオレンジ色のマークが入ってるみたいですね。

 

あとはアプリを起動して実際に試してみるだけです。気になるリリース前のアプリのベータ版が公開されていたら試してみてはいかがでしょう?

 

JUGEMテーマ:iphone

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iBooksで懐かしの絵本を読んでみよう

懐かしの絵本といっても昭和初期のものだったりと懐かしいというよりも昔の貴重な絵本が無料で読めるそうです。

 

 

 

こちら国立国会図書館所蔵の歴史的図書をiBooks Storeで以前より無料公開しているものの一部で、絵本意外にも日本の古典作品の多くが配信されてます。ただテキスト化されたものではなく古書をそのまま画像化しているので…

 

 

読めるかーーーい(笑)

 

という感じです。浮世絵なんかもあるみたいなのでそういったものなら読めなくても楽しめそうですが、今回はさらに優しい絵本の話です。

 

試しにこちらの絵本をiBooks Storeからダウンロードしてみました。

 

 

こちら榎本松之助さんの「ウラシマ」です。みなさんご存知、浦島太郎のお話ですね。ちょっと調べてみると1927年(昭和2年)2月の刊行だそうで自分が生まれるはるか以前のものです。

 

ウラシマ - 榎本松之助

 

こんな感じの貴重な絵本が無料で配信されてます。ちなみにここで配信されているものは国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている約7万点の蔵書の中からよく知られている文学作品や挿絵の美しいものをチョイスして配信しているそうなので絵本に限らず興味のある方はあれこれダウンロードしてみるのもいいかも。

 

JUGEMテーマ:電子書籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iOS 12 アップデートで知らなかった機能を今さら知る

iOS 12へのアップデートはみなさんもう済ませましたか?そのiOS 12の機能のひとつとして3D Touch非搭載な旧iPhoneでスペースキーの長押しでキーボードをトラックパッドとして使えるようになったそうです。ん?なんの事じゃ?キーボードがトラックパッド?そんな機能ありましたっけ?と自分のiPhone(3D Touch搭載)で試してみたところ・・・

 

 

おぉ!なんじゃこりゃ便利やんけ!!と今までも使えていたであろう機能に今さらびっくりしてます(笑)3D Touchでキーボード部分を押し込むことでトラックパッドとして使えるのでテキストカーソルの移動なんかが非常にやりやすくなります。なんでこんな便利機能今まで知らんかったんやぁ〜!ちなみにiOS 12ではこの機能が3D Touch非搭載なiPhoneでもキーボードのスペースキー長押し(3D Touch搭載機ならキーボード部分どこでもOK)で使えるようになったと。

 

今回は今まで知らなかった便利機能がiOSのアップデートで話題になったおかげで知ることができました。まだまだ気づいてない便利機能とかいろいろありそうですな(笑)

 

 

JUGEMテーマ:iphone

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iPad買換えプランAとB

長いことメインがiPad AirにサブとしてiPad 2という体制でやってきましたが久しぶりに買い換えることにしました。正直、iPad Airで特に不満がなかったりしてたんですが安価な通常モデルがApple Pencilに対応した事もあり買い換えを決行!

 

というわけで買い換えプランを検討します。尚、今回は「買い足し」ではなく「買い換え」です。理由は上記2台体制で2台あると助かることも稀にありましたが、ほとんどの場合メインのiPad Airしか使っていなかったということもあり、今回は手持ちのiPadを2台とも下取りに出して最新のiPadにしてしまおうかと。

 

さっそくプランを検討した結果、以下の方法で買い換えることに。

・ソフマップでiPadを下取り

※Appleの下取り価格よりソフマップの買い取り価格の方が上かつポイントで受け取るとさらに増額

・下取りで受け取ったポイントを使ってソフマップで最新iPadをげーっと!!

 

というわけでソフマップに向かいます。まずは買い取りセンターのある店舗に行ってiPad AirとiPad 2を下取りしてもらいます。と、ここで予定外の事が・・・なんとiPad 2の買い取りはもうやってないとの事。むー、ちょっと前に調べた時には買い取り対象だったのに・・・直前にもう一度確認しておくべきでした。まぁiPad 2の買い取り価格は大した額ではないんですがiPad 2を手元に残してもなぁーというわけでここで即座にプランの修正を脳内実施。

 

とりあえずiPad Airのみソフマップで買い取ってもらう事にしました。ちなみに綺麗に使っていたのもあって買い取り上限額でした。んで、元々のプラン(A)ではポイントで受け取ってそのポイントを使ってiPadを買い換える予定でしたが、先ほど脳内で修正したプラン(B)ではポイントでは受け取らず現金受け取りに。ソフマップでのiPad購入も取りやめてその足で先日iPhoneのバッテリー交換でも訪れたApple Store 表参道に。ソフマップのポイントで受け取る増額分よりApple StoreでiPad 2も下取りに出した方が微量ですがお得という計算に。ちなみにApple StoreではiPad 2の下取りはまだやっててくれました。

 

さて、Apple StoreでiPadを下取りして新たにiPadを購入したい旨をスタッフの方に伝えるとサクサクっと手続きしてくれました。ちなみにiPad 2も綺麗に使っていたのでこちらでも下取り上限額でした。しかも綺麗に使っていただきありがとうございますとお礼まで言われてしまいこっちが恐縮デス(笑)Apple Storeでの下取りはApple Storeで使えるギフトカードとして受け取ります。んでもってそのギフトカードをさっそく使ってiPadを購入。

 

 

Appleマーク入りの専用の袋いいですよね!

 

 

もちろん一緒にApple Pencilも購入しました。

 

 

ちなみにギフトカードはチャージしてまた使う事もできるそうです。

 

そうそう、前回iPhoneのバッテリー交換の時も思ったんですが、Apple Storeのスタッフの方の対応の丁寧さといったら・・・今回対応してくれたのは若いイケメンな男性スタッフだったんですが、あまりの丁寧な対応っぷりにオッチャン男性相手に照れちゃいましたョ(笑)

 

というわけで予定外のプラン変更があったものの結果としては非常に気持ちのいい買い物もできて大満足でした。

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[ iPhone ] たまには購入済みアプリをチェックするといい事があるかも

何の気なしにiPhoneのApp Storeアプリから購入済みアプリをチェックしてみると・・・iOSのアップデートで泣く泣く削除したアプリがいろいろ復活してる!!

 

iOS 11へのアップデートの際に32bitアプリは動作非対応という事でかなりのアプリを切り捨てざるおえませんでしたが、その後しばらくたってから64bit対応してくれたアプリもちらほらあるみたいです。断腸の思いで削除したアプリが復活してるかもしれません!購入済みアプリのチェックをぜひ!!

 

ちなみに購入済みアプリのチェックはiPhoneのApp Storeアプリから右上の人物アイコン?をタップすると確認できます。

 

 

すべてのアプリとこのiPhone/iPad上にないアプリとで表示を切り替えられます。アプリ一覧の右側の雲みたいなマークがアクティブ(ブルー)になっているものはインストール(動作)可能という事です。非アクティブ(グレー)のものは残念ながらインストール(動作)不可です。

 

さて、結構復活(64bit化)してるアプリがあるよ!とアレコレ再インストールしていると気になるものを発見。セガさんの懐かしのRPGことファンタシースターIIがアクティブになってます。

 

 

ふむ、こちらのアプリ(ゲーム)はiOSのアップデートどうこう以前にApp Storeからの配信が終了していたものです。あれ?再配信されたのかな?と思ってApp Storeを調べてみても出てきません。んん?まぁーとりあえず購入済みアプリ一覧から再インストールしてみるかーと・・・

 

 

 

む?英語版デスネ。と、ここで思い出します。そーいえばセガさんが懐かしの名作ゲームをApp Storeで無料で配信開始したものの「おま国」状態だったという記事を以前書きました。なるほど日本のApp Storeで調べても出てくるわけがありません。ただなぜか以前購入したアプリと紐付けされている?ようで日本のApp Storeで購入できないタイトルが購入済みアプリからだとインストールできてしまう状態に(笑)

 

ただ全部が全部インストールできてしまうわけではないようで無料で再配信されているタイトルなのに購入済みアプリ一覧で非アクティブ(アイコンがグレー)のままのものも、、、というかたまたまファンタシースターIIだけがインストールできてしまう不具合っぽいですね。んー、インストールできるもののRPGを英語でプレイするのはしんどいですねぇーという事でこのままプレイする事はなさそうですが、英語でも全然OKな人なら小躍りするところです(笑)まぁーセガさんがおま国状態をやめて日本のApp Storeでも配信してくれればいいんですけどねぇ・・・

 

というわけでたまたま購入済みアプリをチェックした事からあきらめていたアプリが復活していたりちょっとして小ネタ?があったりと「いい事」があるかも!?という話でした。

 

JUGEMテーマ:iphone

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
交換後のバッテリー状態をチェック!

先日、Apple Storeでバッテリーの無償交換をおこなってきたのでiOS 11.3で導入されたバッテリー状態のチェックであらためて確認してみました。

 

 

もちろんというか当然というか交換直後なので100%です。以前にバッテリー状態のチェック機能が搭載されたときに確認したときは88%でした。約2年半で12%くらい総バッテリー容量が減った計算かな?まぁなにはともあれバッテリーも新しくなったことですし当面は現行機で問題なさそうです。

 

JUGEMテーマ:iphone

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iPhoneのバッテリー交換でApple Storeに行ってきた

以前の記事でも書きましたが現在使用中のiPhone 6sが無償バッテリー交換対象機種だったのでようやく重い腰を上げてバッテリー交換をしにApple Storeに行ってきました。場所はApple Store 表参道です。もちっと近場にApple正規サービスプロバイダもあったりしますが、今回はジーニアスバーも(初)体験しておこうかとApple直営のストアをチョイス。ちなみに表参道はオープン初日以来の来店だったり(^^;)

 

 

そんなわけでApple Store 表参道にやってきました。もちろん事前に予約済み。少し早く到着してしまったので店内をふらふらと見まわって時間をつぶします。スタッフに声をかけて待つことしばらく呼ばれて席につきます。ちなみに平日昼間だというのに結構混雑してますね。席についてしばらく待つと担当のスタッフが来て手続き開始。さすが「わかっている」スタッフなので対応が早い早い。早々に確認および手続きが完了です。今回はバッテリー交換修理なので作業が終わるまで時間をつぶします。修理が終わるまで約1時間半ほどかかるみたいなので近所を散策しつつ見つけた喫茶店でお茶をしながらまったりと・・・

 

さてそんなこんなで時間をつぶしてApple Store 表参道に戻ります。スタッフに先程の手続きでもらった引換証をみせてバッテリー交換が完了したiPhoneを受け取ってミッションコンプリート!!

 

 

今回の修理内容はこんな感じです。本来なら3,200円かかるところですが、無償交換対象機種のため0円です。ちなみに今回受けたiPhone 6sのバッテリー無償交換プログラムは小売販売日から3年間という期間制限があるのでご注意を。発売日に購入したという方は今年の9月が期限です。対象機種だけどまだ交換してもらってないなんて人は要注意です。

 

さて、バッテリーも新しくなった事ですしもうしばらくiPhone 6sさんには頑張ってもらうとしましょうかねぇー

 

JUGEMテーマ:iphone

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/135PAGES | >>