CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND


MOBILE
qrcode
テーブル美術館シリーズ第6弾!天使像

様々な芸術作品をアクションフィギュア化するテーブル美術館シリーズの第6弾「天使像」が先日届きました。

 

 

 

今回の天使像はデフォルトで2体付属していてお得。弓やラッパなどの小物も付属してます。また最近はまったく見かけなくなりましたが、広場などに置いてあった「◯◯小僧」を再現するパーツなんかも付属してました(笑)

 

さて今回で第6弾ということでシリーズ(机のまわり)もだいぶ賑やかになってきました。第7弾も発表済みでこちらはムンクの「叫び」となってます。今のところシリーズコンプリートしてますが、実は第7弾についてはまだ予約してなかったり。元の作品の個性がかなり強いのでアクションフィギュア化しても出落ちで終わってしまいそうなんですよね(笑)とはいえこのシリーズかなり気に入っているのでどうしようか悩んでます。

 

それはさておきせっかくシリーズも増えてきたことですしそろそろなんかして遊びたいな?とか思ってたり。

 

 

JUGEMテーマ:フィギュア

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ウィトルウィウス的人体図を立体化〜テーブル美術館シリーズ

過去の様々な芸術作品をアクションフィギュア化するテーブル美術館シリーズの第5弾が到着!今回は、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「ウィトルウィウス的人体図」をアクションフィギュアにしてしまうという問題作。ちなみにウィトルウィウス的人体図とはこんな図です。

 

 

『ウィトルウィウス的人体図』(ウィトルウィウスてきじんたいず、羅: Homo Vitruvianus、伊: Uomo vitruviano)は、古代ローマ時代の建築家ウィトルウィウスの『建築論』の記述をもとに、レオナルド・ダ・ヴィンチが1485〜1490年頃に描いたドローイングである。紙にペンとインクで描かれており、両手脚が異なる位置で男性の裸体が重ねられ、外周に描かれた真円と正方形とに男性の手脚が内接しているという構図となっている。このドローイングは、「プロポーションの法則 (Canon of Proportions)」あるいは「人体の調和 (Proportions of Man)」と呼ばれることがある。ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵だが常設展示はされておらず、同美術館所蔵の他の紙に描かれた作品同様に時折展示されるのみである。ウィキペディアより引用

 

この超有名な人体図を立体化!しかもアクションフィギュア化してしまったという・・・作品がこちら!!

 

 

wwwwwアシュ○マンもびっくりの造形です。インド神話にも出てきそう。これがまた良く出来てるんですよねぇー。いやはやすごいです。今回でシリーズ第5弾という事で我が家にも5体目となります。着実に増えていってますね(笑)

 

ちなみにですが、こちらのシリーズ現時点で第7弾まで発表されてましてその7弾目はなんとムンクの「叫び」です。うーむ、この作品をアクションフィギュアにしようとは・・・最初の頃は動く芸術作品的な感じでしたがなにやら徐々に斜め上というか今後にますます期待が持てますね(笑)

 

 

JUGEMテーマ:フィギュア

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はじめてのドローン〜トリム調整編

前回はろくにマニュアルを読まずにテスト飛行しに行ってしまった事もあり散々でしたが、今回はちゃんとマニュアルを読んでみたいと思います。まずドローンには「トリム調整」なる機能があるそうで、飛行を安定させるためには最初にちゃんとやっておいた方がいいそうな。で、トリム調整ってなんぞ?という自分も含めた人に説明をするとドローンがホバリング状態で勝手に前進後進左右移動しないように調整する機能だそうです。

 

 

手持ちのHoly Stone F180Cに付属の送信機では右下の十字キーがトリム調整用コントローラーです。大抵のホビードローンには搭載されている機能だそうなのでお持ちのドローンのマニュアルを参照してみてください。

 

もうひとつ。マニュアルに記載のあった「ジャイロリセット方法」です。前回の動画のように派手に墜落したりするとドローンに内蔵されているジャイロが狂ってしまう事があるそうで、墜落させてしまった後などはこのジャイロリセットもおこなった方がいいそうです。

 

そんな感じで少しは慣れてきたかな?という空撮映像をどうぞ!

 

 

少し慣れてきたかな?という事で無駄に一回転とかさせて墜落させたりしましたが、だいぶ安定して飛行できるようになってきました。ちなみに外では風の影響があるのでトリム調整してもその場で静止させるのはかなり難しいです。それでなくてもホビードローンは軽いので風の影響をもろに受けますね。とはいえ前回の急上昇〜墜落の繰り返しに比べれば格段の進化です(自画自賛)

 

そうそう、これは体感なんですが、慣れないうちはバッテリーをフル充電しないで練習するといいかも。フル充電後はパワーがあるので軽く上昇させたつもりでもついつい急上昇させちゃったりします。最初のうちはある程度使用したバッテリーやフル充電になる前のバッテリーを使って練習すると良さそうです。体感なのであくまで参考まで。

 

 

JUGEMテーマ:ドローン

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はじめてのドローン〜墜落編

ホビードローンを衝動買いしてついにドローンデビューを果たしましたが、ようやく試し運転ならぬ試し飛行に行ってきました。で、結果としては大失敗。早く試したいなとマニュアルもよく読まずに飛ばしに行っちゃったんですが墜落しまくりでした。まともにホバリングすらできず上昇〜墜落を繰り返すかなりの残念っぷり。

 

ホビードローン「F180C」にはカメラが搭載されていて720pのHD動画が撮影できるんですが、下の動画が初飛行時ものです。え〜非常に見苦しい動画になってますので視聴の際にはご注意を。

 

 

で、墜落しまくりの初飛行から戻ってきたら壊れてました(-_-;)

 

バッテリーを接続するためのケーブルが断線・・・

 

 

自力で治せるかな?とバラしてみるとこれなら半田ごてがあれば修復可能そうです。そんなこんなで無事修理できました。久々の半田ごてでの作業でちょっと緊張しましたが無事治ってひと安心。

 

さて、散々な初飛行だった訳ですがあらためてマニュアルを読んでみると(今更ですが)安定した飛行のためにトリム調整なる機能があるそうです。というわけで次回はトリム調整しつつ安定飛行を目指します!

 

 

JUGEMテーマ:ドローン

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ついにドローンデビュー!!

ついにドローンデビューしました!前々から興味がありつつもなかなか手が出せないでいたドローンでしたがようやく手に入れましたョ!と言ってもガチな方ではなくおもちゃ、いわゆるホビードローンなんですけどね(^^;)

 

先週末になんとなくのぞいたAmazonでちょうどタイムセールを実施していたのを見つけて調べてみると評価も良さそうだったのでつい勢いでポチっちゃいました。

 

 

で、到着したのがこちらの製品です。Holy Stoneさんの6軸ジャイロミニドローン「F180C」です。カメラ付きでもちろん空撮もできます。

 

 

本体にコントローラー、4GBメモリーカード(本体装着済み)、予備プロペラ、予備バッテリー(本体装着済みのものと合わせて2つ付属)、充電器が付属してます。充電器は一度に2つのバッテリーを充電できる2口装備です。予備パーツがあらかじめ付属しているのは親切ですね。海外の製品ですがマニュアルに日本語での説明も記載されてます。

 

 

 

さて、勢いでポチったこちらのホビードローンですが、本格的なドローンと違いホビードローンなら都内での飛行が申請なしでも可能です。国土交通省が公開している「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」の中に「飛行ルールの対象となる機体」があるんですが、そちらに「200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く」と記載があります。

 

 

んで、こちらの製品はバッテリー装着状態で約51gと余裕で条件をクリアしてます。さすがに都内では、ほぼ人口集中地区になっているので、ちょっと近くでドローンを飛ばそうとしても飛行許可申請が必要になってきます。その点こちらのホビードローンなら申請なしで飛行可能なのでその分気軽に楽しめます。もちろん周りの人等の迷惑にならないような場所選びは最低限必要ですが、それでもちょっとドローンを楽しんでみたいなんて人には良い選択肢になりますね。

 

さて、そんなわけでドローンデビューとなりましたが、まだプレデビューです。これから実際に飛行させて本格デビューといきたいなと。飛ばしに行くのが楽しみです。

 

 

JUGEMテーマ:ドローン

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アクションフィギュア〜テーブル美術館第六弾は双子の天使像

アクションフィギュアのfigmaで展開されているテーブル美術館シリーズ第六弾はかわいらしい「天使像」です。

 

 

こちら天使像が2体セットになっていてアクセサリーとして弓やラッパなどが付属します。そしてなぜか「小便小僧」を再現するための専用パーツも付属するとの事(笑)ちなみに第五弾までは明確なモデル作品がありましたが、今回の天使像は実在する作品ではなく西洋彫刻作品などで伝統的なモチーフとして用いられているイメージを元に制作されているそうです。

 

さて、シリーズ第六弾は天使像という事ですが、もしかしてそろそろネタ切れ?とか思ってみたり。第五弾までがいろいろアレだったので正直今回のモチーフは無難過ぎるかな?と。まぁ、そんなこと言っても予約購入するんですけどね(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
動くアート!テーブル美術館第四弾「ダビデ像」が到着!!

アクションフィギュア「figma」シリーズ内企画「テーブル美術館」シリーズ第四弾ミケランジェロの「ダビデ像」が到着しました。

 

 

今回も良い出来です。あのダビデ像がいろいろ動きます。

 

 

 

こちらのシリーズ、考える人(2種)、ミロのビーナス、んで今回のダビデ像と机の上もだいぶ華やかになってきました(笑)第五弾のダ・ヴィンチ「ウィトルウィウス的人体図」の発売も決まってます。もちろんこちらも予約済み。第六弾は何になるんでしょ?楽しみですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図がアクションフィギュアに!!
アクションフィギュアのfigmaで展開されているテーブル美術館シリーズ第5弾が予約開始!第5弾目は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」です。
 

あの有名な人体図がアクションフィギュア化という事で非常に楽しみです。公式サイトの画像を確認してみるとかなりカオスな感じ(笑)もちろん今作もポチるのは確定。

先月発売予定だった第4弾のダビデ像が延期になってしまったので首を長くして待ってるんですが、こちらも楽しみですね。なんだかんだとこのシリーズ、今のところコンプしてたりしますが、次のネタはなんだろ?と末長く楽しみたいシリーズです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カプセルトイ〜能面根付
某所で見つけて思わず飛びついてしまったカプセルトイ「能面根付」なるものですが、能面をモチーフにした根付風ストラップです。こちらすでに第二弾だそうで人気あるのかな?
 

こちら「黒色尉」の木彫風彩色バージョンです。全部で5種類あってそれぞれにフル彩色バージョンと木彫風彩色バージョンがあるそうな。

同じ場所でもう一つ興味の惹かれるカプセルトイがあったのですが、残念ながらそちらはいまいちな出来。それに比べこちらはなかなかの出来。一回300円と微妙な価格帯ですが、それでもまた見かけたらまわしてみようかな?と。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あの3D格闘ゲームのキャラクターが23年の時を経てアクションフィギュアに!
ゲームセンターを熱狂させた3D格闘ゲームの元祖「バーチャファイター」のキャラクターがアクションフィギュアのfigmaになって発売されるそうです。しかも続編の表現が向上したモデルではなく、初代のポリゴン丸出しのモデル!!
 

こちら八極拳の使い手「結城晶」です。当時使っていたキャラです。ん〜懐かしい。
 

こちらはジークンドーの使い手「サラ・ブライアント」です。今のところ発売予定はこの2人みたいですね。他のキャラも続くんでしょうか?気になります。いやぁー、それにしても表現がリアルになった続編ではなくポリゴン丸出しの初代を持ってくるあたりが「わかってる!!」と賞賛したい世代です(笑)

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホビー | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>