CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND


MOBILE
qrcode
<< iPhoneやMacで使えるMicroSDカードリーダー | main | 運動不足解消にトイカメラを持って散歩に行こう! >>
Google翻訳アプリのリアルタイム翻訳が日本語に対応したそうです

iPhoneなどのスマートフォン向けに配信されているGoogle翻訳アプリがカメラを使ったリアルタイム翻訳にて英語から日本語への翻訳に対応しました。すでにSNS等にて翻訳精度などなど遊ばれまくってるみたいですが、当ブログでは(比較的?)マジメに使えるか検証してみたいと思います。

 

尚、日本語へのリアルタイム翻訳に対応した最新バージョンへのアップデート後、別途翻訳ファイルのダウンロードが必要です。

 

 

本来の文字に上書きされる形で翻訳された文字が表示されます。なにやら未来感ありますね(笑)所謂ARなわけですが、ほとんどラグを感じさせない速度で処理してるのはすごいなと。

 

 

近景での認識はいいんですが遠景での文字認識は難しい模様。SNSでも話題の通り翻訳精度もまだまだな感じです。またデザイン性の強い文字なんかも認識しづらいみたいですが、リアルタイム翻訳でのカメラ入力でGoogleに画像の保存を許可するかどうかの設定があるのでユーザーからのフィードバックで今後に期待できそうです。

 

 

翻訳精度が上がれば長文翻訳でも期待できそうですね。あと翻訳精度が上がればいらなくなるかもしれませんが、翻訳した文字を上書きするだけでなく原文にルビのような感じで表示してくれるモードなんかもあったらうれしいなと。

 

さて、実際試してみた感じだとまだ「使える」レベルではありませんが、リアルタイム処理の速度を考えると翻訳精度等が向上していけばかなり期待できそうです。カメラを使った翻訳アプリはかなり前からありますしこれといって新鮮さもなかったりしますが、この手のアプリは利便性次第で使う使わないがハッキリ分かれます。実際、過去似たような機能を持つアプリを使ったりしてましたが、Google翻訳のようにリアルタイムで処理をするというのはまだ無理でいつの間にか使わなくなりiPhoneからも削除してました。今回、Google翻訳のリアルタイム翻訳を試してみてこの手のツールで即時性というのは結構大事なんだなとあらためて認識した次第です。

 

で、ここからは脱線しますが、上にも書いた通り「即時性」という点ではまだ先があります。Google翻訳のリアルタイム翻訳の速度にびっくりしたと言いつつも、正直その都度アプリを立ち上げてカメラで対象を捉えるのは面倒です。人間、便利になればなるほどさらなる欲(堕落?)が出てきます。ここはやはりウェアラブルなデバイスでこの機能を実現して欲しいなと。ARが騒がれはじめた時にすでに散々取り上げられていた事ですが、もう少しで一般向けにも実現されそうですね。iPhoneユーザーの方ならご存知の通り音声認識についても一昔前に比べ格段に向上してますし、読み書きに加え会話も可能な一般向け翻訳ウェアラブルデバイスが早く登場して欲しいものです。そんなデバイスが登場すれば外国語を学ぶにしてもとりあえずコミニュケーションを取れるようになる段階なんかはすっ飛ばしてより細かいニュアンスを読み取ったり異言語ならではの文化の違いなんかに理解を進められるようになるのではと妄想してみたり。

 

 

JUGEMテーマ:iphone

このエントリーをはてなブックマークに追加
| iPod/iPhone/iPad | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kim-koubou.com/trackback/903134
トラックバック