CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND


MOBILE
qrcode
<< この世界の(さらにいくつもの)片隅に | main |
ワイヤレスソーラーキーボードK760の電池交換

ロジクールのワイヤレスソーラーキーボード「K760」を重宝していたんですが、調子が悪くなって以降放置してました。MacだけでなくiPhoneやiPadのキーボードとしても使え、ソーラーパネルで充電いらず、しかも室内照明からも充電できる上に3台までの接続デバイス切り替えキーやMacやiPhone/iPadで便利なショートカットキーも搭載されている優れものです。

 

このまま放置しておくのはもったいないなぁーと不調の原因を調べてみると、どうやら内蔵の充電式電池の劣化が原因ぽいなと。それなら内蔵充電池を交換すれば復活するのでは?ということで敢行してみることに。

 

まずは内蔵充電池にアクセスするために裏蓋を取り外します。調べてみると参考になる情報がちらほら出てきたのでそちらを参考に。

 

 

裏面の盛り上がっている部分のゴム足の下にあるネジをまず外します。こちらのゴム足、全部剥がしてしまうと元に戻すのが大変なそうなので、ネジのある部分だけマイナスドライバーを使ってペリッと剥がします。ネジの位置は左右のゴム足のそれぞれ内側にあります。

 

続いて裏蓋と表が糊付けされているのでこれまたマイナスドライバーを使って慎重にペリペリと剥がします。

 

 

慎重にペリペリと…

 

 

結構しっかり糊付けされてます。糊付けされている部分を剥がしたらいよいよ裏蓋を取り外すんですが、調べてみた先ではどこも力技で引っぺがしてOKと書かれています。しかーし、表から裏蓋に小さいネジでネジ止めされているそうなので、先にそちらのネジを外してしまいましょう。

 

 

オレンジの矢印の先にあるのがそう。ちょっとアクセスしにくいですが、プラスドライバーで取り外します。その後に裏蓋を慎重に取り外すと…

 

 

ようやく充電池にアクセスできます。使われているのはエネループの単4です。電池も軽く糊付けされているのでマイナスドライバー等を使って電池を抜き取ります。新しいエネループに交換したら元の状態に組み立てるだけ。

 

さっそく電源オンにしてiPhoneと接続させてみると…

 

 

おぉ!無事つながりました。軽く入力も試したところこちらも問題なし。いやー良かった。重宝していたキーボードだけに復活してくれたのは嬉しいなと。充電を気にしなくていい上に比較的コンパクトなキーボードなので今後も活躍してくれるでしょう!

 

 

JUGEMテーマ:Apple

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Apple/Mac | 13:29 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする